【確定申告特集第2弾!】「確定申告」とは何か?【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

【確定申告特集第2弾!】「確定申告」とは何か?


確定申告に関する特集、第2弾です。

このページを開いてくださった方はきっと税金について興味がある、できることなら節税したいと、考えているのではないかと思います。

「けど、確定申告って関係ないし」

「でも、確定申告って難しそう…」

そんな人のために、この記事を書いています。


「確定申告」を知ることが、税金をコントロールする1歩

今日は、知ることに5分ほど時間と頭を使ってみませんか?


ここから、

1)「確定申告」とは何か?

2)どんな人に必要なのか?

3)お得になるかもしれない条件とは?

について、お伝えさせていただきます。


1)「確定申告」とは何か?


簡単に言えば、
「1年間の所得に対する、正確な税額を確定させ、過不足を清算する手続き」のことです。

なので、自分が納める適切な税額を、自分で申告することになります。


例えば、自営業者は、サラリーマンのように、会社が税金の手続きをしてくれるわけではないので、自分で手続きをしなくてはいけません。

この時に行うのが、確定申告です。


2)どんな人に必要なのか?


まずは、絶対に必要な人から↓

・年収が2000万円を超える人

・給与を一か所からもらっていて、それ以外の収入の合計が20万を超える人

・個人事業主やフリーランスで、収入が38万以上の人

これらの人々は、確定申告しなければ、脱税、つまり違法になるので注意しましょう!!

脱税すれば破産の制度などはなく、払わなかった場合、子孫にまで受け継がれてしまいます!


次に、必要はないが、既に損をしているかもしれない人々です!

・会社で年末調整をやっていない人

・住宅ローンを組んだ人

・年末調整後に出産した人

・年末調整後に結婚した人

・ふるさと納税している人

・副業している人
などなど…

これらの人々は、払わなくていい税金を払っている可能性があります。

自分が何にあたるのか、現状を知る必要があります。

3)税金がお得になるかも知れない条件とは?
そもそも、「税金をお得にする」とは、どういうことでしょうか?

2点、伝えさせていただきます。

1点目は、制度を利用すること。

国により定められている制度を利用することで、納めていた税金が返ってきます。


2点目に、税金の対象になる額を減らすことです。

「???」

はてなが浮かびましたか?


所得税を例にあげると、多くのサラリーマンは、会社から「給与」をもらい、自動的に「税金」を納めています。

この人たちは、「得た給与所得」に対してそのまま税金がかかっています。

ところが、あるサラリーマンは、会社からもらった給料から、「一定の支出を控除した所得」に対して税金を払っています。

こうして、所得税を減らすことが可能なのです。

(このあたりの詳細は『BTC』にて...!)


つまり…多くの日本人が節税ができる対象となるのです!

税金に関する正しい知識を得て、国に認められた制度をしっかりと活用すれば、余分に払った税金を返してもらうことが可能となります。

だからこそ、税金に関しても自動的になるのではなく、知識を身につけて実行することが重要なのです。


さて、次回は、脱税してたらどうなる?

具体的で、身近に起こりえそうな事例を通じて、お話しさせていただきます!

乞うご期待...!


【初心者必見!】確定申告に関する特集をお届けします!

【確定申告特集第3弾!】「確定申告しないと…」